FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星を下したくちびるが遊戯と紅を彩った
 その知らせは、突然届いた。
 バタバタとせわしなくなる屋敷。それは彼女が飼われてから、たった数日のことだった。動きまわる周囲に気圧されたのか、彼女は部屋の椅子に縮こまって座ったまま、びくびくと肩を震わせている。愛らしいことだ。時たま、窓の外を見てはうずうずと身体を揺らすのだが、もしかして遊びたいのだろうか。しかし、部屋を見渡して、自分がソファに腰かけていることを確認すると、目に見てわかるくらいがっくりと肩を落としてとぼとぼと戻ってくる。
 別に監禁しているわけではない。彼女からしたら監獄に等しいのかもしれないが、出たければいくらでも出すつもりだ。ただ、そうするには彼女が一般常識と最低限の道徳を身につけていなければならない。どこに嫁がせても恥とならないよう育てあげることを、ルイは至上の喜びとしていた。
「かわいい小鳥さん、今日はきちんとローブ・ア・ラ・フランセーズを着てもらわないといけない。わがままはきかないよ」
 いまだ言葉を理解できない幼鳥は、それでもローブ・ア・ラ・フランセーズという発音が自分の嫌う洋服のことだとわかるらしく、ぶんぶんと思いきり首を振った。椅子で小さくなったまま、潤ませたノワールを向けてくる。ほだされそうになる自分の心に鞭を打って、白い手袋でまるい頬紅をふちどった。
「ごめんね、少しだけでいいから我慢してくれないだろうか。僕の二番目の兄上が来訪するんだ。粗相のないようにしなければならないからね。君も、巣立つまではヴィルトール家の淑女なのだから」
 言われていることがわからないはずなのに、むすっと押し黙り、ぴょんと椅子から飛び降りる。小さな足が大理石を踏みしめ、目の前までくるとぎゅっと胸元を握られて、くいくいと引っ張られた。そうして顔を近づけ、ちゅっとくちびるにキスをしていく。彼女はいまだに遊びの一環だと思っているらしい行為は、定期的に続けられている。
 出会ったころより血の気の通った幼子のかんばせは、薄紅に染まり、なんともあどけなく誘っている。花のつぼみを彷彿とさせるくちびるは開かれ、湿った雫がシャンデリアの光を伴って美しくきらめく。ああ、やはり、君はシャンデリアの下にいるときがもっとも輝く。
 はやく、と急かすように先ほどより強く引かれる。いけない子だね、とささやいて、歓喜に打ち震えた身体を包みこんで、薔薇にそっとキスをした。
 次男の来訪まで、あと数時間。
Twitter企画「鳥と鳥籠」より。前回:本能
Secret
(非公開コメント受付中)

更新履歴


ようこそお越しくださいました (06/07)

朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯 (12/09)

黒檀の疑惑、朽葉の告白 (10/20)

朽葉が堕ちる、真白の行方 (10/18)

夢を見続けるこども (09/25)

プロフィール

空野海

Author:空野海
since:2009.3.21
生誕:2月14日

創作倉庫を兼ねる個人ブログサイト。
無断転載禁止。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アネモネの花びら様方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロ友なってやんよ☆

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。