FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラスケースのあい
うつくしい、そのなまえ。うつくしい、そのすがた。
... Read more ▼
「そうだ、ミリア。今日は君の大好きなレモンのパイを買ってきたんだ。好きだったろう? 甘酸っぱくて後に残る酸味が美味だって言ってたよね。君が好きだって言うから、僕も好きになろうと思って。一緒に食べよう」
 少し古びた洋館の一室。薄暗く外界からの光もほとんどカットされた部屋で、青年は笑顔だった。壁一面に今にも倒れそうな書物の量と、部屋のど真ん中には大きなモニターと小さなモニターが四つ。それからキーボードと思われるものがその下にふたつある。
 ディスプレイだけが異様に光る部屋。淡い白い光りが、青年の端正な顔を青白く照らしている。
 顔だけ見れば普通の青年より顔立ちはいいほう。青みがかったグレーの瞳は、ディスプレイの光によっていっそう青く見える。肩でゆるく結ばれた茶色の髪は毎日手入れしているのかと思えるほど艶やかで、女性がうらやむほどにきれいだ。
 その青年が、一点だけを見つめて笑う。……そう、一点だけ。
 キーボードの横に置かれている、二メートルほどのガラスケース。こまめに拭いていることがわかるほどきらきらと輝いているそのガラスケースには、野花が枯れずに敷きつめられている。生き生きとした姿を保ったままケースにつめられている花々はさまざまな色で、見ているだけでも充分楽しめるものだった。
 それより目をひくのは、その花々に埋もれるようにしてガラスケースに入っている少女。とじられた瞼からは瞳の色が判別できないが、金髪がゆるいカーブを描きながら腰あたりまで伸び、そのうちの何房かが野花に絡みついて絶妙な美しい色合いを醸しだしている。
 まるでこの世のものではないような、それほどまでに異様な美しさだった。
「ミリア」
 とろけるように、青年が少女の名前を呼ぶ。
「ミリア、君はきれいだね」
 少女の頬をガラスケース越しに撫でる青年は、うっとりと悦に浸っていた。瞳が嬉しそうに優越感に揺らいで、ミリアと何度も狂おしいほどに少女の名を呼ぶ。
「写真なんていらない。君はここにいるのだから。ああ、でも、君のその瞳が見られないのはすごく残念だよ……君の瞳が、僕を映さない。それだけは本当に、残念だ」
 冷たいガラスケースに頬をすり寄せ、心底残念そうにつぶやく青年。
「ミリア、ミリア。君は本当にきれいだよ。まるで女神のよう……僕の心をとらえて離さない。離されるつもりもないけどね」
 ふふ、と小さく笑って、青年はキーボードの隣に置いたレモンパイを手にとった。そして羽織っている上着のポケットから小型のナイフを取りだし、器用に八等分していく。
「ここには皿なんてないから、ミリアには僕が食べさせてあげるね」
 にっこりと笑って問いかけた言葉に返答はない。
 切り分けたレモンパイをその場に残し、青年は同じくポケットから鍵を取りだす。銀のシンプルな形の鍵をガラスケースの蓋の部分に差しこみ、ある法則に従って何度か回す。カチッと小さな音とともに青年は蓋を持ちあげ、傍らにそっと立てかける。途端、ふわりと香る野花。
 少女の変わらぬ姿に顔をほころばせた青年は、一切れのレモンパイを手に取り、ミリアと呼ばれる少女の口元まで持っていく。
「ミリア、おいしいかい?」
 指先で少女の唇をなぞる。閉じられた口からは、どんな言葉も発されない。
「ああ、こぼしてる。もったいないなあ」
 口元からぽろぽろとこぼれていくレモンパイを、青年は丁寧につまみあげ食べる。甘酸っぱいとつぶやいて、それを何度も繰り返して、一切れを完食した。
「残りはまた今度食べようか。これは僕一人じゃ食べきれないし、ミリアのために買ってきたものだからね」
 さらりと少女の前髪をかきあげ、額に触れるだけの口づけを落としてから再び蓋でガラスケースを塞ぐ。そのケースの中の少女は、変わらずに花に埋もれていた。
 ディスプレイが再び光を取り戻す。なにかに取り憑かれたかのようにキーボードをたたく青年は、うっすらと微笑んだ。
ミリア、その名はどこまでも僕を虜にする。
蛇足のお話。
Secret
(非公開コメント受付中)

更新履歴


ようこそお越しくださいました (06/07)

朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯 (12/09)

黒檀の疑惑、朽葉の告白 (10/20)

朽葉が堕ちる、真白の行方 (10/18)

夢を見続けるこども (09/25)

プロフィール

空野海

Author:空野海
since:2009.3.21
生誕:2月14日

創作倉庫を兼ねる個人ブログサイト。
無断転載禁止。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アネモネの花びら様方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロ友なってやんよ☆

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。