FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍生からの頂き物
龍生ちゃんから、10000ヒットお祝い小説を頂きました!+。

みんな……うちもらってばっかりで申し訳ないよ(涙
なのにくれるなんてありがたやー(感涙
... Read more ▼
「まったく~、遅ない?」

今日は久々に棗に会う。
いわゆる、デートだ。

そのためにオシャレして、少し早めに来てんのに。


ただ、昔より変わっているか少しドキドキする。


「…悪い。遅れた。」
そういい現れた彼は、昔より、
よりいっそう大人びていて、さらにかっこよくなっていた。

「…っ遅いわ!!
 久々やから、一日遊べるように早めに10時って言っといたのに!!」
本当は、棗に会えたのがとてもうれしかったり。

「早く行くぞ。そんなに言ってると、俺と一緒にいる時間少なくなるぞ。」

「誰のせいでっ!!」
そういいながらウチと棗は歩いていった。


「はぁぁ、疲れたなあ。でも、そのぶん楽しめたな!!
 じゃあ…、棗…、…また今度な!!!また、遊ぼうな^^。」

そういい行こうとするウチの腕をつかんできた。

「待て。蜜柑。
 実は今日遅れたのは、これを探してたんだ。」

そういい見せたのは、一輪のアネモネだった。

「これは、永遠にさくアネモネ。
 お前にアネモネの花言葉わかるか?」

絶対お前にはわかんないっていう顔をしている。

「う…、わかんない…。」

「じゃあ、今度会うときまでの宿題な。じゃあな。」

そう言い放ち、夜の闇に消えていってしまった__。


ウチはすぐに蛍に聞いた。

「なあ、蛍。アネモネの花言葉って何?」

「アネモネ?いくつもあるけど、何?」

「棗にもらってん。でなんなん?」

「へぇ~、棗クンもロマンチックなことするのね。」

蛍は、おもしろがっている。

「アネモネの花言葉はね…『君を愛す』よ。
 で、それ、永遠に咲くんでしょ。永遠に『君を愛す』なんじゃない。」

蛍はあきれたように答えた。



…ねぇ、棗。
蛍の言ってるとおりなん?

まだ、恥ずかしくて言葉にできない棗だけど、
ウチは言えるまで待ってるからね!!

覚悟しといてよ!!^^*。




こんなのでごめんなさい><

**
約束が10時なんて…可愛いねぇ、蜜柑ちゃんv
しかもアネモネを二人の仲を取り持つものにしてくれるなんて…なんて素敵!(´`*
龍生ちゃんのセンスは素晴らしいよvv
Secret
(非公開コメント受付中)

更新履歴


ようこそお越しくださいました (06/07)

朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯 (12/09)

黒檀の疑惑、朽葉の告白 (10/20)

朽葉が堕ちる、真白の行方 (10/18)

夢を見続けるこども (09/25)

プロフィール

空野海

Author:空野海
since:2009.3.21
生誕:2月14日

創作倉庫を兼ねる個人ブログサイト。
無断転載禁止。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アネモネの花びら様方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロ友なってやんよ☆

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。