FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰ろう、偶然なのか、僕は覚えていなかった
「……つづる、くん」声はみっともなく震えてはいないだろうか。陽の沈んだ薄暗い花街、彼の周りだけが世界からぽっかりと取り残されたかのように時間が止まって見える。ゆらりと体躯が傾いて、足元の物体――人を踏みつけた。「僕のものに手を出したからいけないんだよ」踏まれた物体は動かない。つま先が物体の顎をすくいとる。生気のない瞳はうつろで、気味の悪さに身震いした。「あれ、死んじゃったの。……でも、仕方ないよね。さつきに手をあげたもんね。お前のせいだよ」石炭の瞳がゆっくりと細められて、こちらを向いて、悠然と微笑む。「ねえ、さつき」恍惚に、歪んだ。「帰ろうか」この景色には不釣り合いな、軽やかな声音だった。物体から流れる生は、じわじわと地面を侵食している。その真ん中に立つ彼は、この世の存在ではないように思えて、それでも存在していた。「……かえろう」僕も大概、その血に染まっているのだ。
お題:一緒に帰ろう

「おや、譲さんも刀ですか」「え?」「それ。刀じゃないんですか」「え、ああ……うん」すっと指さした腰、若葉色の鞘。突然、問われたことに面食らったのか、相手は返答に詰まった。「いい色ですね、その鞘」自分の刀の鞘はなんの変哲もない錆色だ。傷がついてもわからないのが利点くらいか。「……祖父のものなので、年季は入っていると思いますよ」「あ、そうなんですか?僕のも祖父のですよ。色は随分、くたびれてますが」腰に差していた刀を鞘ごと抜きとり、表面を撫でる。彼の翡翠の瞳は驚きに大きく見開かれて、笑う。「偶然、ですね」「似るものですね」
お題:重なった偶然

「どうしてあなたはいつも怪我をして帰ってくるんですか……」「怪我はするもの!がんばってる証拠じゃない!」「怪我は防げるものですよ」ため息ひとつ。ぶすっとむくれる頬をつつけば、拗ねたのか手で払われる。少し前に多めに補充していた包帯は、すでに底をついていた。「包帯が切れてしまったので、また補充にいかないといけませんね」「今度はもっと買ってくるべきだわ、少ないのよ」「……五つ買っておいて、ですか」「あと湿布もほしいわね、消毒液も!」「話を聞きなさい」ぺしんと軽く額を叩けば、痛いと大げさに喚く彼女。じたばたと暴れるが、無視だ。「入学した日に、なるべく怪我をしないように努めると言っていたじゃないですか」鼻からその言葉を信じてはいないし、鵜呑みにするつもりもなかったが、こうも毎度だとさすがに心配にもなるというもの。「そうだった?覚えてないわ」「……僕、小真梨のそういうところ嫌いじゃないですよ」
お題:そうだったっけ、覚えてないや
スポンサーサイト
行き先のない恋だった

 この恋心は、いつしか虚空へと消えてしまうものなのだ。
 人であふれかえる大通りを少年は走る。両手に抱えた色とりどりの花は、少年の揺れる上半身にあわせて気持ちよさそうにはねる。一輪、また一輪と、少年の手に抱えきれなかった花は路の上へ落ちていって、少年の足跡をなぞっているようだった。
 少年の視界に、大通りはさほど入ってはいなかった。もちろん、道を行き交う人々の波も顔も。彼にとってそれらは取るに足らないものだったからだ。
 駆けていく少年を見る者はいない。花を抱えた少年が横を過ぎていく、ただそれだけの、日常に存在していて当然の光景であるゆえに。……たとえ、その花の行先が非日常的なものだとしても、それを感じとる人物はこの人の波に存在していない。
 澄み渡った青空の下、肺いっぱいに空気を吸いこんで、少年は笑みをこぼした。街外れの丘の上、青空に似つかわしくないといえる墓石がそこかしこに並んでいる。石は崩れ、欠け落ちているものもあり、埋葬されたと思われる彫られた人物の名は哀れなほどにかすれていて読むこともかなわない。かろうじて読みとれる名前は数えるほどしかなく、それだけでこの墓地がどれだけの時間放置されていたのかが見てとれた。
「おはよう、今日はいい天気だよ」
 丘に転がる墓石。誰のものかもわからないそれを拾いあげ、少年は脇へとどけた。異様ともいえる光景のなか、少年の声は弾んでいる。朗らかに笑いこそすれ、足取りは軽い。
 ぽつんと、丘のちょうど真ん中にひとつだけきれいな墓石があった。少年は迷わずそちらへ歩いていく。彼が歩くたび、ぱさり、ぱさりと、腕のなかの花が音を響かせる。歌っているようだ。
「君はなにを見ていたのかな。鳩だったらいいね、平和の象徴だから」
 にっこりと墓石に笑いかけた少年は、石の上から花を落とした。束ねられていた花々はとさりと涼やかな音をたて、かぐわしい香りをまとっている。それもまた、この光景に異様なものとして映っていた。
「会いにきたよ」
 ゆっくりと口元が言葉を発する。一音、一音を丁寧に口にした少年は墓石の前にしゃがみこみ、愛おしそうに墓石を撫でた。まるで恋人を慈しむかのようなその行為は、彼がここへ訪れるたび毎度見られるものだ。
 微笑んで、彼はおもむろに墓石を持ちあげる。その真下にはガラスの薄い板が張っていて、さらにそのなかには三十センチほどの質のよい箱がおさまっていた。――それが遺骨をいれるための箱なのだと、少年はもちろんわかっている。
「君に触れられないのがもどかしい。出してあげたいけれどそれはできない。……ごめんね、君はこんなにも出してほしいと喘いでいるのに」
 悲痛な面持ちで少年は瞼を伏せた。同時に彼の黒髪がさらりと垂れ落ちて。
 花は、そよ風に揺れている。
お題はcapriccio様より。
更新履歴


ようこそお越しくださいました (06/07)

朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯 (12/09)

黒檀の疑惑、朽葉の告白 (10/20)

朽葉が堕ちる、真白の行方 (10/18)

夢を見続けるこども (09/25)

プロフィール

空野海

Author:空野海
since:2009.3.21
生誕:2月14日

創作倉庫を兼ねる個人ブログサイト。
無断転載禁止。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アネモネの花びら様方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロ友なってやんよ☆

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。