スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯
 弟の口から紡がれる言葉を、どこかぼんやりと聞いていた。やはり、と思う。弟ははたして、本当に「まとも」であるのだろうかと。
 彼いわく、ソムノフィリアという異常性癖は、シチュエーションのひとつだという。好みのシチュエーションの、少数派に属されるものであって、けして異常とくくられるものではないと。少数派は、世間的に異常の枠にはまってしまうだけ。それ以上でも以下でもない。
 開きなおって、懺悔するつもりだった。自分は異常だと認識して、抑えられない衝動に恐怖して、すべてをあきらめて眠る弟を眼下におさめたあの日。その日は確か、高校の卒業式だった。その年の夏ごろに大学進学から専門進学に進路変更して、勉学に励むことで衝動をやりすごしていたけれど、卒業することでしがらみから解放されてしまい、持て余した毒を上手に捨て去ることができなかった悪夢の日だ。
 なぜか晴れやかな顔で笑う弟をいぶかしげに見やる。そんなさらりと水に流せるようなことではないはずなのに。自分がまともではないからか、まともな人間とそうでない人間の区別がわかるようになったことは確かだ。いまの弟は、おそろしいくらい「こちら側」の人間だと直感が訴えていた。
「なんか兄貴、大変なんだな。いいよ、同情して今回の件は焼き肉おごってくれりゃ許すよ。俺、今月ピンチなんだ」
 リラックスした声音にはっと我に返る。食べ放題飲み放題コースと、帰りのタクシー代。それでこの話は終わりにしようと言う。そんな安いもので終わらせていいのだろうか。疑念だけが募る。
「あ、そうそう。兄貴、優等生で真面目だったときの自分が白く染めたときに死んだって言ったけど、性癖に気がついたから染めたんか?」
 まあ、そんなところ。
「なら、死んでねーな。んなことで悩んでるなら真面目だよ、兄貴。優等生だな」
 絶句した。本日、何度目だろう。
 自分は、考えすぎだったのだろうかと錯覚してしまった。模範的な優等生からは大きく離れた人生を歩んでいることは自覚している。その人生を選んだのは自分であり、性癖から逃れるためだったことはまぎれもない事実。
 彼は優等生だったころの自分を知っているのに、いまも変わらず優等生だと言ってくれる。こみあげてくるなにかを吐きだしてはいけないような気がして、真也は長くため息をついた。
「わかったよ、焼き肉食べ放題飲み放題コースね。都合あわせていこう」
「やーり! 兄貴のおごりほどいいもんはねえよなあ。頼りにしてるよ、兄貴」
「そういうときだけ弟顔するのはよくない。お兄ちゃんはちゃんとわかってるんだよ」
「わかっててやってんだよ。兄貴、お願いごととか断れない性格だもんな。損してる」
「うるさいよ」
 冷えてしまったココアを飲みほして、はたと思いつく。
「焼き肉なんだけどさ」
「おう」
「あの子も誘っていいかな、深紗緒ちゃん」
「……え」
 瞬間、弟の顔がこわばる。けれど気づかないふりで、言葉を続けた。
「さっきまで合コンに行ってたんだけど、そこで彼女からの誘いを断ってしまったから。今度はふたりで、なんて言ったけれど、女の子だし。まずは友達からはじめてもいいかなって思って。たっくんとなら面識もあるから、問題ないよね。どうせ僕のおごりなんだし?」
 スマートフォンをちらつかせながら言えば、ばつの悪そうな顔をして、むっすりと黙りこんでしまった。まあとか、兄貴が払うんだしとか、ぶつぶつとつぶやく声が聞こえるが、おそらくはあきらめてくれるだろう。
 鼻歌をうたいながら彼女に誘い文句を打つ。その間も弟はなにも発することなく、黙々とキャラメルを食べ続けていた。あれだけ食べていたら、糖分の過多摂取になるだろうに。
Twitter創作うちよそ「それが僕らの愛だから」より。前:包み紙
スポンサーサイト
黒檀の疑惑、朽葉の告白
自分が性癖もちだと気づいたとき、乗るか反るかは自分次第といえる。

続きを読む

朽葉が堕ちる、真白の行方
 真也さんが思うような、いい子じゃないですよ?
 息をのんだ。ごくりと、音を鳴らして。自分にしては珍しく、動揺と興奮の入り混じった息だった。いままでのらりくらりと、普通の「まともな人間」のふりをして、のうのうと生きてきたのに。ふりだけはずいぶんと上手くなって、まともだったころの自分は思いだせはしないけれど。
 このわずかな変化を、彼女に気づかれてはいないだろうか。生きていくために身につけた処世術のひとつである微笑みは、焦燥する内心と違って安定している。しみついたものといっても相違はないだろう表情は崩されることはない。
「ねえ、真也さん。引っかかっても、いいですか?」
 目がくらむかと思った。おそらく、自分がこの場にいるほかの男であったなら、真っ先に陥落していたであろう手管の類。この合コンの間に、何度同じ思いを抱いたか、目の前の少女は知る由もない。
 か細い理性をかき集めて周囲を見渡せば、酒におぼれて伏せる人の影。驚くほど多い数に、奥底に眠っている性癖の血が騒いだ。口元がゆがむ前に、この場から去らなくては。慣れ親しんだ警鐘が鳴る。こういうときは理性に従ったほうがいいと、長年の感覚が告げている。
 視線を戻すと、不思議そうにかしげられた青藍と目があった。この手をほどいてしまうのはもったいない。けれど、いまは振りほどかなくてはならない。包んでいる手にくちびるをよせ、気障ったらしく再び片目をつむる。
「引っかかってもらえるのはとても嬉しいんだけどね。どうやら、時間みたいだ」
 周囲へ視線を誘導すれば、彼女は実に残念そうにため息を吐いた。完全につぶれてしまっている人数の多さと、彼らの対応に追われている店員。退室をうながされていることは、傍目に見ても明らかだった。
「何人かはタクシーが必要かもしれないね」
「あーあ、せっかく真也さんとふたりっきりになれるチャンスだったのに」
「そう言ってもらえるのは心から嬉しいよ。……機会があったら、今度はふたりでデートでもしようか」
 腰をかき抱いて、そっと耳元でささやく。連絡先は交換したのだし、チャンスはこれからいくらでもめぐってくる。生き生きと目を輝かせる少女をみながら、ポケットに入れたままの携帯の電源をいれた。
 これから、逃げることの許されない用事が待っている。あの真っ白な部屋のなかで、なにも知らなかった弟がただひとり眠っているのだ。これから知ることになる弟は、困惑するだろうか、嫌悪するだろうか。それでもすべて覚悟して、自由に生きてきたのだ。いまさら、逃げ腰になったりはしない。
 ただ、弟に失望はされたくないと思った。ひどく身勝手な感情だ。
Twitter創作うちよそ「それが僕らの愛だから」より。前:白蛇誘う闇の先
夢を見続けるこども
夢をみることのできなかったこどもの分まで。

続きを読む

千夜一夜の夢の続き
◇千夜待ったら君をさらうよ
寝物語を聞くのは好きだ。面白おかしく話してくれるわけではないし、興味のある学問の話ではないけれど、彼が楽しそうだからそれでいいと思っている。ごくたまに愚痴っぽいことをこぼすこともあるけれど、基本、弱音は吐かない人間だ。本音と居所の悪い虫を吐きだして、満足したようにため息をついて、それから再び話しはじめる。ベッドヘッドの枕を胸に抱きながら、淡々と紡がれる言の葉を拾い集めて、眠りに誘われていく。すっと耳なじみのあるテノールは、ここ最近の子守歌のようだ。「……マルコ」落ちかけるまぶたの先で、愛しい人(モナムール)の顔をうかがい見る。夜闇のなか、月光に照らされた星空がただひとり、自分だけを映していた。「千夜すぎたら、君をさらってもいいかい」ぱちくり。何度かまばたきを繰り返した彼は、こちらの言わんとする意図をくみとってか吐息で笑う。「それまで、おまえの望むシェヘラザードでいるとしよう」
◇星の夢を見るひと
「先輩も星が好きなんですか?」とことこと駆け足で近寄ってきた少年に、レグルスは人の良い笑みを浮かべて答えた。「好きだよ。昔から星という存在が近くにあったからかもしれないけれど……なんていうんだろう。無意識のうちに見あげていたりするんだよね」頬をかいてプロジェクターを触れば、ひょこっと隣に立ち、手元の作業をじっと見やる。そうやって無遠慮に見られることは好きではないのだけれど、彼の前ではあくまでも「心やさしい先輩」でいなくてはならない。面倒くさいことこのうえないが、そうした猫かぶりは体裁を保つ手段だ。「セオドア、君はどの季節の星がみたいのかな」特別に、映してあげるよ。
◇ふたりの戴冠式
人差し指で突いただけ。それだけでいともたやすく転がったそれをみて、なんて無意味で無価値なものなのだろうとは思った。「おーうさまー!」枕もとでやけに元気な男の声がする。揺さぶられ、うっすら目をあけると血潮の瞳とかちあった。交えた視線ににっこりと笑んだ男は、腕を引っ張り、無理やりに起こしてくる。「んん……なんだ、ノア」「王様、戴冠式って明日?」はたして明日と言っていいのかわからないが、日が昇ったらそうだなとうなずく。すると、そっかあとわくわくした様子とともに、お願いがあるんだけどと続けられた。「お願い?」「そう! 戴冠式って、大臣とかいう偉い人が王様に王冠を載せる儀式なんだよな?」「まあ、そうだな」「堅苦しい式だよな?」「言っておくが、おまえも出席するんだぞ」「はーい、わかってますって」うんざりといった具合に肩をすくめたものの、すぐにぱっと顔を輝かせ、お願いと再度繰り返す。「俺もやりたいの、王様に王冠載せるやつ。契約上、俺って王族の血しか吸えないからさ。王様が王様になった証として、俺も載せたいな~って」やるとしたら夜で。聞き飽きた最後の文句を耳にして、クロヴィスは声を押し殺して笑った。もちろんだ、ふたりだけで王族と契約に縛られる吸血鬼の戴冠の儀式をはじめよう。
お題は淡野かづき様より。
更新履歴


ようこそお越しくださいました (06/07)

朽葉の優等、黒檀と黒紅の交錯 (12/09)

黒檀の疑惑、朽葉の告白 (10/20)

朽葉が堕ちる、真白の行方 (10/18)

夢を見続けるこども (09/25)

プロフィール

空野海

Author:空野海
since:2009.3.21
生誕:2月14日

創作倉庫を兼ねる個人ブログサイト。
無断転載禁止。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アネモネの花びら様方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロ友なってやんよ☆

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。